会社の資金状況に関係なく持つことができるデビットカード

admin

法人向けデビットカードのメリットとその条件

会社における事務用品などの経費については、一旦購入したものの代金を月末にまとめて支払う、法人向けのクレジットカードが用いられます。しかし、新規に会社を立ち上げた時や会社の利益が赤字の場合など、手元資金が足りないケースにおいては、クレジットカードでの支払いにおいて預金不足になることが予想されます。多くの銀行で発行でき、かつ経費支払いにも利用できるデビットカードを使うことにより、日々の活動に伴う経費の節約が期待できます。

決済に使われる法人向け口座を持っているといった条件を満たし、かつ審査を通過することで法人向けデビットカードを利用することができます。後は、法人向け口座に一定額の預金が入っていることが確認され次第、デビットカードでの決済が可能となります。

法人口座を持っていることが重要

法人向けデビットカードを利用するために、必須となる法人向け口座開設においては、必要な書類を用意した上で、様々な内容の審査を通過する必要があります。登記簿謄本や印鑑証明書など、会社の実態が確認できる書類を金融機関に提出し、資本金等に関する審査を受けます。審査の中で重要視される項目のうち、資本金については、概ね50万円以上の金額を提示することで通過しやすくなります。しかし、口座開設において最も注意する点としては、住所と電話番号があります。

住所についてはバーチャルオフィスではなくレンタルオフィスがある場所を登録し、電話番号もなるべく固定電話で登録することをおすすめします。法人向けの口座を所有するといったハードルをクリアすることで、デビットカード向けの審査についても、簡単な審査で通過できます。

法人 デビットカードは、支払い後すぐに料金が銀行口座から引き落とされるカードであり、現金と同じ感覚で使用できます。

Next Post

事業資金の伝統的な借入れ方法と新たな借り入れ方法とは?

法人向けデビットカードのメリットとその条件会社における事務用品などの経費については、一旦購入したものの代金を月末にまとめて支払う、法人向けのクレジットカードが用いられます。しかし、新規に会社を立ち上げた時や会社の利益が赤字の場合など、手元資金が足りないケースにおいては、クレジットカードでの支払いにお…

You May Like